ClipChampの使い方(4)テキスト文字を入れる方法 windows動画編集ソフト

ClipChampでテキスト文字を入れるにはどうしたらいい?

Hideki

作例を作りながら解説します!

この記事では、Windows11に標準搭載されているバージョンについて解説したいと思います。

【旅好きビデオグラファー】Hidekiについて

Hideki Kobayashi。小さな会社の経営者。2021年より大川優介さんの動画講座OneSe Personalを受講。シネマティックVlogの撮影と編集を習得。2023年「日本で最も美しい村 動画コンテスト2022」でグランプリを受賞。動画編集ソフトはPremiereProとDavinci Resolveを主に使用。詳細はプロフィールをご覧下さい。

タップできる目次

テキスト文字を入れる方法

まず、テキストをテキストを入れたい場所に再生ヘッドを移動させます。

次に、画面右端の「テキスト」タブをクリックし、メディアパネルにテキストの一覧を表示させます。

ここでは一番シンプルなテキスト「Text」を入れてみます。

サムネイル右下端の「+」マークをクリックでタイムラインにテキストクリップが追加されます。

プレビュー画面にテキスト入力ボックスが現れます。

クリックすると文字の入力ができます。

ボックスにカーソルを合わせると十字マークが出るのでドラッグして位置を変えることもできます。

タイムライン上のテキストクリップをクリックして選択状態にし、画面右端の「テキスト」タブをクリックします。

すると、テキストスタイルの設定ができます。

ここでフォント、文字サイズ、文字色などを設定しましょう!

残念ながらClipchampの文字装飾では、影や、縁取り、背景ボックスを入れるといった項目がありません。

「テキスト」タブの「タイトル」には文字や背景に動きのあるものがそろっています。

テキストクリップの複製方法

字幕として動画の数か所に文字を入れる場合、同じフォント、文字サイズ、文字色などをその、その都度、指定しなおすのは面倒です。

テキストクリップを「複製」して、同じスタイルの文字だけ入力しなおしましょう!

複製したい文字クリップをクリップで選択状態にし、右クリックでサブメニューを出します。

「複製」をクリックします。

複製されたクリップをクリックし選択状態にして、プレビュー上の文字入力ボックスをクリックしてテキストを入力します。

今回編集した内容は、インスタに公開しています。

ぜひご覧ください!

ClipChampの使い方記事一覧

  1. 特徴・料金、メリット・デメリットなど
  2. 基本操作解説、カット編集から書き出しまで
  3. BGM音楽を入れる方法
  4. テキスト文字を入れる方法 <イマココ
  5. エフェクト・トランジションを入れる方法
  6. 書き出し方法
  7. AIで自動編集する方法

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ClipChampは、シンプルに簡単にテキスト文字を入れることができます。

文字や背景に動きのある「タイトル」も最低限そろっています。

ただ、一番シンプルな「テキスト」のスタイル設定に、影や縁取り、背景色を入れることができないのは、残念です。

その機能があるだけで十分使えるのにもったいないです。

私のよく使っているFilmora(フィモーラ)では、シンプルなテキストでも文字装飾が多彩です。

無料版もあるのでぜひ一度、試してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次