Premiere Proの使い方(1)特徴・値段・メリット・デメリット 動画編集ソフト

PremiereProの特徴や値段について知りたい!

Hideki

PremiereProは本当に使いやすいです!

PremiereProは、なんだかんだで、よく使っている動画編集ソフトです。

その理由は、総合的な完成度の高さと、使い勝手の良さです。

特徴・メリット・デメリットなどを書いています。

ぜひ最後まで御覧ください。

【旅好きビデオグラファー】Hidekiについて

Hideki Kobayashi。小さな会社の経営者。2021年より大川優介さんの動画講座OneSe Personalを受講。シネマティックVlogの撮影と編集を習得。2023年「日本で最も美しい村 動画コンテスト2022」でグランプリを受賞。動画編集ソフトはPremiereProとDavinci Resolveを主に使用。詳細はプロフィールをご覧下さい。


タップできる目次

PremiereProの特徴

Premiere Pro(プレミアプロ)とは

Adobe Premiere Proは、アドビシステムズが開発・販売している動画編集ソフトウェアです。2003年に初リリースされ、現在では世界中で多くのプロの動画クリエイターから愛用されています。

Premiere Proの特徴は、次の通りです。

  • 様々なファイル形式に対応しているため、どんなデバイスで撮影した映像でも編集することができます。
  • プロ仕様の機能が充実しており、複雑な編集も簡単に行うことができます。
  • 直感的な操作性で、初心者でもすぐに使いこなすことができます。

Premiere Proは、YouTubeやTwitterなどのSNS動画から、映画やテレビ番組などの大規模な映像コンテンツまで、幅広い用途に使用することができます。

Premiere Proには買い切りタイプがなく、月額払いか年払いのCreative Cloudの契約でのみ利用することができます。Creative Cloudは、Premiere Pro以外にもPhotoshopやIllustratorなどの人気ソフトが含まれており、動画編集だけでなく、グラフィックデザインやWebデザインなど、幅広いクリエイティブな作業に使用することができます。

Premiere Proは、動画編集ソフトの中でも最も人気の高いソフトの一つです。プロ仕様の機能が充実しており、直感的な操作性で、初心者から上級者まで幅広いユーザーに愛用されています。

Premiere Proの導入がまだの方は、Adobe公式サイトに7日間の無料体験版があります。

メリット

・多くの人が使っている。(チュートリアルが充実)
・仕事としてまで使える完成度。(副業まで考えるならこのソフト一択かも)
・幾多のバージョンアップを経て、かなり編集しやすい。
・Adobeの他のソフトとの連携が良い。

デメリット

・買い切り版がない。
・サブスクしかない。
・手軽に使いたい人にとってコストが高いかも。(軽減策アリ
・初心者・初級者には機能が多すぎるかも。

PremiereProの価格・値段

PremiereProの買い切り版はありません。

AdobeのCreative Cloudというプラットフォームで、サブスクとして利用ができます。

年間プランと通常月々プランがあります。

・年間プラン(月々払い) 2,728円(税込)

・年間プラン(一括払い)28,776円(税込)1ヶ月あたり2,398円

・月々プラン 3,828円(税込)

Adobe Creative Cloud公式サイトより

「年間プラン」は年間契約をして、支払いは「月々払い」か、「一括払い」を選択できます。

「月々プラン」は、年間の縛りなく、必要な月数だけ契約ができます。

Premiere Proの導入がまだの方は、Adobe公式サイトに7日間の無料体験版があります。

Hideki

PremierePro単体で使うなら年間プラン一括払いが一番オトクになります!

また、Adobe Creatibe Cloudには、「コンプリートプラン」があり、PremiereProだけでなく、Photoshop,Lightroom、Illustrator、AfterEffectsなど、29種類のソフトを使えるプランもあります。

まずは、PremierePro単体だけ使ってみて、必要に応じて、1つづつソフトをプラスしていくか、

3つ以上契約するようなら、コンプリートプランを使ったほうがお得になります。

PremiereProの感想

AdobeのPremiereProを2021年ごろからよく使うようになりました。

趣味としての使用なので、フル機能を使っているわけではありませんが、私の感想を述べたいと思います。

・とにかくタイムラインが見やすい、操作しやすい。
・タイムラインのフレームレート設定が柔軟
・スピードランプがやりやすい

いい点は、PremiereProは、幾多のバージョンアップを重ねてきて、機能も操作感も洗練されているところです。

私は、多くのトラックを使って、重ね合わせてよく編集しますが、タイムラインがとても見やすく、クリップを整理しやすいです。

・M1 MacBookProでも、4K編集はプロキシが必要
・フォルダー管理をしてないとリンク切れがおこる
・バグだらけのバージョンがあることも。。

イマイチに感じる点は、4K編集でタイムライン上で扱うクリップ数が多くなっていくと、カクついていきます。

私のPCは、M1 MacBooKPro13-inch 2020でメモリーは16GBです。

こうなると、プロキシを作成するしかなくなりますが、当然、プロキシ作成には時間がかかります。

それと、これは自分のファイル管理が甘いからかもしれませんが、リンク切れを起こすと、再リンクさせるのが面倒だということです。

編集用のフォルダーをまるごと、HDDなどに移動すると、ディレクトリーが変わってしまい、再リンクしなくてはなりません。

フォルダー構造を変えることなく、まるごと移動させているなら、自動的に再リンクして欲しいところです。

Premiere Pro使い方記事一覧

  1. 特徴・値段・メリット・デメリット・感想 < イマココ
  2. 基本的操作解説 カット編集から書き出しまで
  3. テロップ・字幕テキスト・タイトルの入れ方
  4. BGM・効果音の入れ方
  5. エフェクト・トランジションの入れ方

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私は、1995年、Windows95が出た頃からPCを使いはじめました。

その頃は「Adobe Premiere」という名前でProはついていませんでした。

当初は、PCとの相性が悪かったのかもしれませんが、レンダリング時にエラーが出まくっていました。

それで一旦は、動画編集から離れてしまいました。

SONYのVAIOが出る頃には動作が安定しはじめたように感じます。

それから28年。。

PremiereProは、落ちることなく安定的に動作しています。

たまに、バグはありますが、バージョンダウンして使えば問題ありません。^^;

Premiere Proの導入がまだの方は、Adobe公式サイトに7日間の無料体験版があります。

もっと気軽にカンタンに動画編集したいという方には、Filmora(フィモーラ)PowerDirectorをオススメします。

どちらも無料版があるので試してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次